1. ホーム
  2. 日用品雑貨・文房具・手芸
  3. 文房具・事務用品
  4. 手帳・ノート・紙製品
  5. 手帳・日記帳・家計簿
  6. その他
  7. まとめ) ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B5 40枚 N236
輸入 最安 まとめ ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B5 40枚 N236 vpsofmi.com vpsofmi.com

まとめ) ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B5 40枚 N236

9594円

まとめ) ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B5 40枚 N236



家具インテリアの壱番館 052-700-9590

家具インテリアの壱番館 DETAILS
お問い合せ番号m4979093236404
商品名(まとめ)【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B5 40枚 N236 【×30セット】
入数30
メーカー名マルマン
仕様サイズ筆記用紙(70g/msup2;)、40枚、6.5mm罫 / W185×H252×D5mm
詳細情報NEW BASIC ― スパイラルノート ベーシックは書きやすさ、使いやすさを追求した繰り返し使いたくなる新しい定番ノートです。

マルマンの国産筆記用紙を使用した、書き味の良いノート。切り取りミシン目入り。綴じ部分の近くでも盛り上がりがなく、端から端までスムーズな筆記を行える。リング製本なのでページを破いても、本体に影響がない。丈夫で質感のあるクラフト表紙を使用。立ったままの筆記にも耐えうる強度を備える。 

この商品の関連商品

【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 A4 40枚 N235
【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 A4 80枚 N235ES
【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B5 80枚 N236ES
【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 A5 40枚 N237
【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 A5 80枚 N237ES
【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B6 40枚 N238
【マルマン】ノート スパイラルノート ベーシック メモリ入6.5mm罫 B6 80枚 N238ES
【マルマン】ノート スパイラルノートM.C.B1961 メモリ入6mm罫 A6変型 4色込 N670AM


家具インテリアの壱番館家具インテリアの壱番館家具インテリアの壱番館
タイトル   「An economic-epidemiological model
      with endogenous behavior and learning: theory and tests」
言語    英語
備考    参加を希望される方は、 6/23(木)までに氏名・所属・職名を明記の上、hias-info[at]ad.hit-u.ac.jpまでご一報ください。


2022.04.20

【HIAS Health 第56回定例研究会】

日時    2022年5月11日(水) 17:00-18:30
会場    オンライン(zoom)開催
報告者   Dr. Stefan Lipman (Assistant Professor, Erasmus School of Health Policy & Management (ESHPM), Erasmus University Rotterdam))
タイトル   「Tailored financial incentives for health behaviour」
言語    英語
備考    参加を希望される方は、 5/5(木)までに氏名・所属・職名を明記の上、hias-info[at]ad.hit-u.ac.jpまでご一報ください。


2022.03.11

【ラリー・ダイアモンド『侵食される民主主義』刊行記念イベント】

一橋大学グローバル・ガバナンス研究センターでは、2022年3月17日(木)12~13時、ラリー・ダイアモンド著(市原麻衣子監訳)『侵食される民主主義 ー内部からの崩壊と専制国家の攻撃 上・下』(勁草書房、2022年2月)の刊行記念イベントをオンラインにて開催します。

本書は、リベラル国際秩序を弱体化させる多様な動きとその相互作用、および民主主義の価値について概観した、最重要文献の一つです。著名な民主主義研究者であるスタンフォード大学のラリー・ダイアモンド教授をお招きし、ロシアのウクライナ侵攻を本書の文脈でどう読み解くことができるかについても伺います。

なお、トークは英語で行われますが、日本語同時通訳つきです。

参加をご希望の方は、以下のフォームよりご登録ください。登録された方にはイベントのzoomリンクをご登録のメールアドレスにお送りします。フォーム記入後にメールが届かない場合には、迷惑メールフォルダをご確認ください。

(お申込みはこちらから)

<イベント概要>
【日時】2022年3月17日(木)12:00~13:00
【講師】ラリー・ダイアモンド(スタンフォード大学フーバー研究所上席研究員)
【会場】Zoom
【言語】英語(日本語同時通訳あり)
【詳細チラシ】こちら
皆様のご参加をお待ちしております。


2022.02.03

【HIAS Health 第55回定例研究会】

日時    2022年3月16日(水) 17:00-18:30
会場    オンライン(zoom)開催
報告者   Mizanur Rahman (一橋大学社会科学高等研究院特任講師)
タイトル   「Global, regional, and national progress in financial risk protection towards universal health coverage, 2000-2030: a Bayesian Hierarchical Analysis」
言語    英語
備考    参加を希望される方は、 3/10(木)までに氏名・所属・職名を明記の上、hias-info[at]ad.hit-u.ac.jpまでご一報ください。


2021.10.26

【HIAS Health 第54回定例研究会】

日時    2021年12月1日(水) 16:00-17:30
会場    オンライン(zoom)開催
報告者   縄田和満 (一橋大学社会科学高等研究院特任教授)
タイトル   「大規模健診データを用いた高血圧・糖尿病に関する研究及び労働環境とメンタル・ヘルスに関する研究」
言語    英語
備考    参加を希望される方は、 11/25(木)までに氏名・所属・職名を明記の上、hias-info[at]ad.hit-u.ac.jpまでご一報ください。


2021.09.27

【HIAS Health 第53回定例研究会】

日時    2021年10月20日(水) 17:00-18:30
会場    オンライン(zoom)開催
報告者   Shamima Akter (一橋大学社会科学高等研究院特任講師)
タイトル   " Effectiveness of population level tobacco control policies to manage noncommunicable diseases: a systematic review and network meta-analysis"
言語    英語
備考    参加を希望される方は、 10/14(木)までに氏名・所属・職名を明記の上、hias-info[at]ad.hit-u.ac.jpまでご一報ください。


2021.08.04

【HIAS Health令和3年度第1回一橋大学政策フォーラム「エビデンスでみるコロナ禍:ポストコロナ社会への示唆」】(一部変更がありました)

日時     2021年9月15日(水) 15:00-18:50
開催方法  オンライン
参加費   無料 (事前申し込みが必要です。申込締め切り 9月8日(水))
お申込みはこちら
主催    一橋大学
      一橋大学 社会科学高等研究院 医療政策・経済研究センター(HIAS Health)

プログラム
  15:00-15:05  学長挨拶  中野聡  一橋大学長
  15:05-15:10  開会挨拶  佐藤主光 一橋大学大学院経済学研究科教授/HIAS Healthセンター長
  15:10-15:40  報告1:「COVID-19のパラドックス:患者の受療行動への影響」
          井伊雅子 一橋大学大学院経済学研究科教授/HIAS Health研究員
  15:40-16:10  報告2:「東京都の病院データを用いたコロナ禍における病院経営分析」
          高久玲音 一橋大学大学院経済学研究科准教授/HIAS Health研究員
  16:10-16:40  報告3:「コロナ禍/ポストコロナ社会における政策トピックス」
          中村良太 一橋大学社会科学高等研究院准教授/HIAS Health研究員
  16:40-16:50  休憩
  16:50-17:35  基調講演「ポストコロナの政策課題」
          小林慶一郎 慶応義塾大学経済学部教授
         (講演概要)
         この一年半のコロナ対策を振り返り、検査体制、給付金など行動変容政策にともなう問題、ワクチン接 種加速のための施策など、残された課題と今後の展開を展望する。さらに、ポストコロナの時代に望まれる中長期的な医療提供体制の改革の在り方をはじめ、経済財政運営上の課題について論点を提起する。
  17:35-17:45  休憩
  17:45-18:45  パネル討論「経済学で読み解くコロナ禍の医療制度」
          司会:佐藤主光 一橋大学大学院経済学研究科教授/HIAS Healthセンター長
          パネリスト:小林慶一郎 慶応義塾大学経済学部教授
                井伊雅子  一橋大学大学院経済学研究科教授/HIAS Health研究員
                高久玲音  一橋大学大学院経済学研究科准教授/HIAS Health研究員
                中村良太  一橋大学社会科学高等研究院准教授/HIAS Health研究員
  18:45-18:50  閉会挨拶  大月康弘 一橋大学副学長/社会科学高等研究院長
その他 案内チラシはこちらからダウンロードいただけます。
    お問い合わせはこちら


2021.07.01

ヘッドがコンパクトで高密度植毛のベストセラー商品です! Ci 201 コンパクトヘッド 歯ブラシ MH ややかため 100本アソート 送料無料 本州

Cappuccino | 牽引フック | KC TECHNICA カプチーノ | 牽引フック カプチーノ KCトーループ レッド
7月10日に開催されるミャンマーの危機に関するシンポジウムに、市原麻衣子准教授が登壇します。本シンポジウムは、ミャンマー国民統一政府(NUG)外務大臣を基調講演者にお迎えし、ミャンマーの危機打開に向けたNUGの戦略と、日本・アジアのアカデミア・市民社会の役割について議論します。日英語通訳付きで、事前登録制です。
参加申し込み
Application


X5 パーツ ブースター・ケーブル BMW純正部品 KS30S KS30 KR44S KR44 オプション アクセサリー 用品 純正

2022.06.08

【井伊雅子教授】

公益財団 サントリー文化財団の定期刊行誌『アステイオン』第96号(2022年5月号)に、井伊雅子教授の寄稿「日本の医療制度をどう設計するか?──利他性を支える政府の関与」が掲載されました。

2022.05.26

【佐藤主光教授】

国土交通省の「EBPM」の評価に携わる一橋大学国際・公共政策大学院の佐藤主光教授は、埼玉県の有識者会議で事業の検証を行っています。
データなどに基づき事業を検証 県が有識者会議開催/埼玉県

2022.05.26

【市原麻衣子教授】

「規範揺らぐ今、本質的対処を」と題する記事が、5月26日の朝日新聞「あすを探る」に掲載されました。

2022.05.17

【高久玲音准教授】【横山泉准教授】

首相官邸における「全世代型社会保障構築会議」の有識者として、5月17日に公共経済プログラムの専任教員、高久玲音准教授と横山泉准教授が第5回全世代型社会保障構築会議に出席しました。

2022.04.22

【井伊雅子教授】

財務総合政策研究所の学術雑誌『フィナンシャル・レビュー』148号で発表した論文「COVID-19パンデミックでの患者の受療行動と医療機関の収益への影響」が4月21日の朝日新聞で取り上げられました。

2022.04.22

【井伊雅子教授】

財務総合政策研究所の学術雑誌『フィナンシャル・レビュー』148号が3月に刊行されました。

2022.04.21

【市原麻衣子教授】

市原教授が「民主主義重視が意味することとは?」と題する章を執筆した書籍、『バイデンのアメリカ ーその世界観と外交』(UP Plus、佐橋亮・鈴木一人編)が出版されました。

2022.04.08

【青野利彦教授】

分担者と参加した科研費プロジェクトの成果として、益田実・齋藤嘉臣・三宅康之編著『デタントから新冷戦へ―グローバル化する世界と揺らぐ国際秩序』(法律文化社、2022年)が刊行されました。
青野教授は、「グローバル化する東欧とアメリカ――デタント・東西貿易・債務問題」と題する論文を寄稿しています。

2022.04.08

【青野利彦教授】

編集を担当し、序章を執筆した日本国際政治学会の学会誌『国際政治』の特集送料無料 ポールスミス ネクタイ ギフトラッピング対応 ポールスミス ネクタイ Paul Smith 犬柄 シュナウザー ps1617 ブランド プレゼント あす楽対応 クリスマス バレンタイン 父の日 シルク 新社会人 就職祝い フレッシャーズ 新生活 ビジネス 就活 おしゃれ ギフト 男性 メンズ 人気 高級が刊行されました。

2022.04.06

【市原麻衣子教授】

「もっともらしい主張の嘘 厄介」と題する評論が『信濃毎日新聞』に掲載されました。日本でロシアのプロパガンダが浸透していると警鐘を鳴らし、ウクライナのNATO加盟を阻止すべくロシアが侵攻したという見方の浸透が特に懸念すべきものであると論じています。